知っておきたい不動産知識

耐震技術の種類と特徴

大きな地震災害があった後は、必ずといっていいほど耐震基準の見直しが行われ、住宅にも高い耐震性能が求められるようになります。耐震性については建物構造として地震に耐えることができるものが最も優れていますが、建築コストと選択する建築構造とのバランスから選んでいくのが一般的です。建築構造については、実現できる耐震性能が決まっていますので、地震に耐える建物を作るには別の手段を取り入れる必要が出てきます。耐震性能を高める工法にはたくさんの種類があり日々進化を繰り返していますが、現在では制震工法と免震工法が最も多く採用されています。制震工法は木造住宅などの比較的小規模なものに適した工法で、免震工法は大規模な鉄筋コンクリート造に適した耐震工法となっています。制震工法は、地震力を減衰させたり増幅を防ぐこととで、揺れを低減させる工法となっており、名称が示す通り揺れを制御するという考えの下に生み出された工法と言えます。地震の揺れを制御するということからも想像できますが、建物自体が揺れる性質を持つ木造や鉄骨造に最適な工法だと言えます。制震工法は、壁の内部に制震ダンパーなどの装置を設置することによって効果を発揮する構造となっており、壁の内部に設置するために見た目がすっきりしていることや、低コストでできるという特徴があります。また、新築だけではなくリフォームでも対応できる柔軟さが魅力となっているのです。大規模建築物には免震工法が多く採用されていますが、揺れを免れるとという名称の通り、建物を揺らさないことを前提としている工法となります。ですから構造体自体が揺れない性質を持つ鉄筋コンクリート造に適した耐震工法だと言えます。免震工法は地盤と建物とを縁切りすることで、建物に直接揺れを伝えない方法が採用されており、地盤と基礎との間に積層ゴムやベアリングを挟むことによって実現しています。免震工法はコストが割高となってしまうため、木造住宅のような小規模建築にはほとんど使われず、大規模な鉄筋コンクリート建築に多く使用されています。

Comments are closed.

不動産についての情報